いつもご贔屓ありがとうございます。「何でも揃う!」がコンセプトの本和堂でございます。いろいろ楽しい写真を展示して参りますので、末永くお取引願います。


by 本和堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
●世界一の小籠包
f0358360_00254251.jpg
MRT(台北捷運)の士林駅。故宮博物院の表玄関
f0358360_00260883.jpg
MRTのチケットはプラスティックのコイン型トークン。PASMOのように、自動改札機にタッチして入場します
f0358360_00304859.jpg
ホームドアも完備した最新の設備。メトロ南北線みたいな感じでしょうか。
これに乗って、まずは今宵の宿となる「洛碁駅大飯店」なるところに向かいます。
ちなみにこのホテルの手配はHISさんにお願いしたのですが、師匠と私の判定は「60点」
特に師匠は

f0358360_00464724.jpg
室内まで八角臭せーよ!(CV:チコちゃん)
というもの。師匠が受けた心と臭覚のダメージは殊の外大きかったようです。

f0358360_00480401.jpg
すっかり「タクシーは安くて快適だぁ」と楽を覚えてしまった師匠と私・・・
昼飯は世界一の小籠包のお店として有名な「鼎泰豊」(ディン・タイホー)に向かいました。
f0358360_00503402.jpg
11:20の段階で店の前の歩道はお客さんでいっぱい。それでもお店の前に掲示されてる「待ち時間」は15分とのことでした。
f0358360_00522009.jpg
センスの良い食器
f0358360_00525647.jpg
コカ・コーラで師匠と乾杯
f0358360_00533056.jpg
小籠包(ノーマル)と何か葉っぱの炒めもの・・・
f0358360_00550186.jpg
小ぶりの小籠包の中には極旨スープがタプンタプン・・・飾り切りされた野菜で小籠包の種類が分かれます
f0358360_00561798.jpg
「猫舌のネコ遣い」こと弟子が口火を切ります
f0358360_00573212.jpg
師匠の大好物のチャーハンも到着。「めちゃくちゃ美味かったで」と高評価
f0358360_00585016.jpg
カニ味噌が入った小籠包や・エビが入ったものもいただきましたが、オリジナル小籠包の旨さが軍を抜いていました。とにかく、鶏を中心にした「謎スープ」の旨味とコクが長く長く口の中を漂い、優しく鼻に抜けていきます・・・絶品でした。

●台北の夜は夜市から始まり、あの店に帰結する
台北市内を軽く観光して、一旦ホテルに戻ります。
深夜はすっかり菜々緒さまの虜になってしまい、二人とも睡眠不足・・・
気がついたら夜7時になっていました。

「いつまで寝とるんや(怒)」
自分も寝てたくせに機嫌の悪い師匠・・・
それでも台湾の夜は夜市に行かないとね。

f0358360_01114426.jpg

f0358360_01202850.jpg
台北では比較的治安が良く、地元の人が多いという「臨江夜市」に向かいました。
士林夜市のような巨大な夜市ではありませんが、それでも100軒以上の屋台が店開きしています。
f0358360_01243173.jpg
「山イノシシ肉?」「ヤマドリ肉」
なんとなく美味しそうだった山イノシシ肉を注文してみました。
f0358360_01265379.jpg
コンビニで売ってるジャンボフランクみたいな感じですが・・・

あ・甘い
肉に砂糖を混ぜ、腸詰めにしたような味・・・
たまらず、屋台にあった「辛そうなタレ」を一振りすれば辛さ爆発!
師匠はこれで台湾料理1勝2敗(勝:小籠包 敗:弁当、山猪肉)
気の毒だ・・・
f0358360_01340763.jpg
「海鮮大阪焼」
恐らくお好み焼きの事と思われ・・・
f0358360_01354838.jpg
「素食?」
粗末な食事ではなく、精進料理だそうです。

f0358360_01375000.jpg
これ、日本で売ったら絶対売れるやろ?
ネコの掌今川焼き
f0358360_01400166.jpg
中身はチョコレートクリームやサワーチーズが入ってるようでした。
f0358360_01412695.jpg
そして台湾といえばかき氷!
本当はマンゴーかき氷が食べたかったのですが、一年で一番季節外れ(初物が出る直前)の時期だったのでイチゴ山盛りのかき氷にしました。
f0358360_01435710.jpg
この氷の削り方が「軽い口溶け」の秘密。日本で広まらないのが不思議で仕方ありません。
f0358360_01460014.jpg
そして本日の締めはお馴染み「コンビニ日本そば」
やっぱこれだわ!

■励みになります!下のバナーをクリックして応援してね!
              にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ
                       にほんブログ





















[PR]
# by honwa-do | 2018-08-19 01:47 | 旅行 | Comments(0)
●八角くせーよ!
台湾初日の晩ごはん・・・RuRuさんにぼったくられたのが師匠にバレてしまい、
反省の意味を込めてセブンイレブンのお弁当としました。
私はザルそば、師匠は台湾風幕の内弁当を選び、宿に戻ります。

ザルそば・・・これが意外に美味しい!おやつに買ったビスケットも美味でした。
幕の内弁当・・・「とにかく八角臭い!俺には耐えられん匂いだ」とは師匠。

可哀想にご飯だけを悲しく食べ、空腹のまま台湾初日の夜を過ごしたそうです。
f0358360_20040982.jpg



f0358360_20043180.jpg



f0358360_20332756.jpg
●ネコ業界に国境なし
宿のテレビでは一晩中日本語チャンネルをやっていまして、師匠ともども「魔鬼小姐」(日本語タイトル名:Missデビル)を
明け方まで楽しんでいました。この日本チャンネルは台湾では結構メジャーなようで、台北のホテルでも、我々の睡眠を脅かす
存在になったりします。

寝不足ですが腹が減って気が立っている師匠が、「朝の九份取りに行くぞ(# ゚Д゚) 」と活動開始・・・
昨日、あれほど混雑していた通りには人影は見事にみられません。
f0358360_20343012.jpg

昼間の阿妹茶酒館もご覧の通り・・・
「魔法の溶けたオンボロ屋敷」といった感じです。
「これはむしろ”ハウルの動く城”に近いな」とは私の感想。
f0358360_20411820.jpg





f0358360_20431526.jpg
九份絶景ポイントに行けば、ネコさんがこんにちは〝^^”
f0358360_20475590.jpg


f0358360_20482630.jpg
得意の「ネコ寄せ」の技を駆使して近所のネコを集めてみたら、たいまち3匹が集合。
「ネコ業界に国境なし」 でございます。

朝のお散歩から帰ってきたら、民宿の女将さんがハムサンドとミルクティーを差し入れてくれました。
「結構うまいなぁ」
やっと師匠の機嫌も治ったみたいです。


本日はこの後、タクシーで開館直後の故宮博物院に行く予定。
本当は台湾の鉄道を利用して行きたいのですが、恐ろしく遠回りになる上、結構混雑するとの噂・・・
台湾タクシーの最大勢力と思われる日本車ウイッシュのタクシーで2000円少々・・・故宮博物院に乗り付けました。
f0358360_21211432.jpg
●故宮博物院は白菜と角煮?
最初にすいません・・・
私、故宮博物院には全く興味がありませんでした。

なんとなく「唐三彩でも見れたらいいかな・・・」という感じで立ち寄ったのですが、
開館直後になだれ込む中国人をかき分けて辿り着いた当博物館の二大名物!
f0358360_20543754.jpg
◆翡翠に掘られた白菜(イナゴ付き)
f0358360_21055019.jpg
◆何かの宝石で出来た豚の角煮(ツブツブな感じが嫌い)

この2つの展示物を見たところで、脳内の満腹中枢が刺激され、
f0358360_21160563.jpg
いかにも高そうなこんな衝立や、


f0358360_21192402.jpg
中島誠之助センセが龍の爪の数でひと語りしそうなお皿にも興味が湧きません・・・

「つまんな~い」
ふてくされた中森明菜のような顔で師匠にサインを精一杯送り、早々に故宮を後にしました。

■励みになります!下のバナーをクリックして応援してね!
              にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ
                       にほんブログ







[PR]
# by honwa-do | 2018-08-14 21:21 | 旅行 | Comments(0)
●日本人よ、九份に泊まりましょう!
狭い狭い十份の駅前から「もしもし、運転手クン」とハイヤーを呼び出し、
効率よく九份に向かいます。
f0358360_08054777.jpg

(曲がりくねった道を登りきった処が九份)

今や世界的観光地となった九份はとにかく混雑が激しく、週末にでも行こうものなら
・バスやタクシーは街の中に入れず、坂道をトコトコ登っていかなければいけない
・タクシーがつかまらない
・バス停では黒山の人だかり。乗り切れない場合がある
と散々な状態になってるとか。

例の「千と千尋の・・・」の前では、シャンシャンの檻の前よりも撮影制限が厳しく、
「ハイ、ニホンジン立ち止マラナい!」と注意されるとか。

そんな皆さんに素敵なお知らせ・・・
「九份に泊まればええやん?」

九份の夜は早く、8時前には観光客の姿は居なくなっちゃいます。
台北からの人は、90分かけて帰らなきゃいけないからね・・・
逆に言えば8時以降はパラダイスという訳です。

●九份にはホテルはありません
九份は山の尾根付近の狭いエリアにある街なので、
「九份プリンスホテル」や「東横イン九份老街」なんてのはありません。
そこで我らが現地コーディネーターRuRuさんにお願いして、素敵な民宿を予約してもらいました。

九份民宿「和風小築」
 http://9-feng.okgo.tw/

民宿とはいえ実態は民泊みたいな感じで、宿泊者用に建設したアパートを宿泊棟に充ててる感じ。
未だ新築から日が浅いようで、清潔感があって居心地良し。
日本風にツインの部屋はありませんが、家族用の4人部屋をツインユースで借りれば、キングサイズ
の大きなベッドが2つの快適な部屋を借りることができます。
気になる宿泊料金は4人部屋で7900円(ウイークデー料金)
台北の半額以下で泊まることができました。
f0358360_08430883.jpg

(和風小築の玄関ですが、宿泊棟は向かいのアパートです)
f0358360_08451570.jpg
(この入口を忘れたら、今晩は宿無しになるので注意)
f0358360_13324274.jpg
(枕2つありますが、師匠とは別のベットで寝ています。念の為・・・)
f0358360_13364081.jpg
●それでは「あの場所」に向かいましょう
荷物を宿に置き、カメラ3台だけの身軽な(?)スタイルで「あの場所」に向かいます

【youtube】本和堂的九份一人占め
https://www.youtube.com/watch?v=mlQvpf6QMQA
(九份の街がすべて分かる4分間の動画です)

f0358360_13441782.jpg
(あのお店の看板が見えてきました)
f0358360_13463555.jpg
「千と千尋の神隠し」ですっかり有名になった阿妹茶酒館・・・
こちらを撮影する穴場は向かいにある「海悦楼」さん。(3F展望席より撮影)
f0358360_13500947.jpg
(初公開!師匠と弟子之図)

【youtube】九份海悦楼にて高山烏龍茶をいただいてきました
 https://www.youtube.com/watch?v=3qIxi0y6x1c&t=20s
 (台湾茶藝の真髄が分かる3分の動画です)オススメ!

■励みになります!下のバナーをクリックして応援してね!
              にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ
                       にほんブログ









[PR]
# by honwa-do | 2018-08-05 13:56 | 旅行 | Comments(0)
●RURUさんと台湾デート(師匠付き)
台北松山空港にて本和堂氏を待っていた台湾人美女・・・、
彼女はRURUさんという方で台湾国内でのチケットの取得代行やホテルの手配などをお願いしていた方。
実は旅行計画を立てていた当初、台湾のかなり辺鄙な場所に行こうと考えておりまして、現地の事情に詳しい彼女に相談していた次第。
ところが旅行の直前、台湾の中部でマグニチュード6の地震が起こったものですから「辺鄙な場所」の計画は白紙に・・・。
乗りかかった船ではないのですが、彼女に半日だけガイドをお願いしたのが事の真相でございます。

「タクシーとそんなに変わらないので・・・」という事で手配してもらった黒塗りのハイヤー、
日本のタクシー代の感覚でいえば、「半日貸し切りならまぁ安いかな?」という金額・・・
しかしこの金額が、台湾では結構ボラれていたと後から気付いたのですが、これは師匠には内緒。

ハイヤーは高速道路を快適に走り、40分くらいで「ランタン飛ばし」で有名な十份の街に到着しました。

●狭いぞ、十份!
十份(シーフェン)は渓谷沿いに広がった・・・、いや広がっていない。。
渓谷に張り付くように走っている線路の上に、土産物屋とランタン飛ばしの店が勝手に営業する奇妙な街。
時折、ディーゼルカーがその店と観光客を弾き飛ばしながら走っていくという世界屈指の危険地帯・・・


失礼、若干脚色が過ぎました。
それでも、やたらと細長く狭い敷地に広がった、かつては炭鉱開発で拓けた街です。
この街の目抜き通りは線路の上・・・、ここがこの街で一番広い道路だったりします。
f0358360_05445836.jpg
(十份といったらこの写真ですよね) ※訳あってWikipediaより拝借

ガイドブックでは、この街へは平渓線という鉄道を推奨しています。
確かに風光明媚な渓谷沿いを、中国を強く感じさせる車内の設えを持ったディーゼルカーがトコトコ走る
というのは魅力的だったりします。
が、この路線、やたら混雑してるみたいです。
海外からの観光客ばかりでなく台湾人にも大人気!
いわば「バブルの頃の清里高原」みたいな感じになっているそうです。

狭い狭い街の入口で苦労している観光バスを横目に、我がハイヤーは駅前になんなく到着。
ハイヤーに「呼んだら迎えに来て」と伝え、RURUさんも一緒に十份観光に向かいました。
f0358360_06060197.jpg
今日は観光シーズンから外れた3月の木曜日、
「今日は空いててイイネ」とRURUさんも上機嫌。
一応線路沿いに歩道はあるのですが、商品が遠慮なく並べられているので線路を歩くほうが楽でした。

「ランタン飛バスカ?」「랜턴 날려 않겠습니까?」「不做鑭放飛嗎?」(翻訳合ってるかな?)
線路の上を歩いていると、日本語・韓国語・中国語で声を掛けられる。不思議と欧米人の姿は見つからない・・・

●ランタンはスタッフが美味しく回収しました
「街を案内します」というRURUさんの言葉を辞し、私と師匠は撮影モードに・・・
色とりどりのランタンが空に上っていく光景は、この旅の大きな目的の一つだったのです。

f0358360_06372744.jpg



f0358360_07035752.jpg
中国人の美男美女カップルが、「健康」「安全」を祈念する赤いランタンを飛ばしていました。
「健康」「家内安全」の文字がなんとなく中国っぽかったりします。

f0358360_06411110.jpg
こちらも美男美女の韓国人カップル。
「愛情のオレンジ」「恋愛のピンク」そして「玉の輿の薄いピンク」のランタンでした
f0358360_07053329.jpg
「玉の輿にのりたいわん!」(蹴)
欲望や色々な思いを載せ、ランタンは重そうに上がっていきました。
f0358360_07073398.jpg
「卒業旅行で来たのぉ」
という感じの日本人女性二人連れ・・・ひろぴ、なんだか国際的に恥ずかしいぞ
f0358360_07105498.jpg
一方、ひろぴ嬢の連れのゆみさん、おじさん何だかホッとしました。
f0358360_07124917.jpg


f0358360_07134702.jpg


f0358360_07173304.jpg
「若い二人の旅路に幸あれ」
平和を祈念した薄緑色のランタンは真っ直ぐに上がっていきました。


■励みになります!下のバナーをクリックして応援してね!
              にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ
                       にほんブログ












































[PR]
# by honwa-do | 2018-08-04 07:19 | 旅行 | Comments(0)
複数の知人から「生きてる?」とのお問い合わせがありました・・・
ブログを5ヶ月も休んじゃったからなのですが、ちゃんと生きております。ご心配おかけしました。
なにはともあれ・・・・休載前に散々騒いでおりました台湾旅行のネタを放出するところから再開させていただきます。

<1日目>
●さて、松山に行こうか!
富山空港からは台北行きの直行便も出ているのですが、「到着が夕方になる」「エアチャイナは事故が怖い」という理由で
羽田空港経由のルートを選びました。例の格安チケットサイトで見つけた往復56000円の全日空便・・・お得でした。
f0358360_19295295.jpg
羽田空港から全日空の台北(松山)行きの飛行機に乗り換えです。
そう、羽田空港を出発して松山空港で給油して台北に・・・・
はい、久しぶりの本和堂さんのボケですね。懐かしいですね。

台北の松山空港(ションサン)・・・、台北の玄関は通常「桃園空港」なのですが、少し街から離れているのがネック。
その中にあって羽田、仁川(韓国)、上海(中国)からの一部の便だけは、街から近い松山空港への乗り入れが許されて
いるのです。小さな空港であるがゆえ、入国審査も空いていて便利でしたね。

●パエリアには気をつけろ!
話を機内に戻しましょう。なにせ人生初のボーイング787のフライトを堪能しなければ・・・
全日空の最新型だけあって、座席はゆったり足元広々の快適空間。今や国際線の必須装備であるUSB充電も各席で可能に
なっていて、早速スマホの充電に使わせてもらいました。エコノミーながら立派なパーソナル・モニターも完備しており、
ちょっとしたレンタルビデオ屋より充実したラインアップの映画や番組が視聴可能。私は映画館で見損ねた話題作、
「デスティニー~鎌倉物語~」を楽しく拝見しました。
f0358360_20485816.jpg
f0358360_20502886.jpg
飛行機が大阪あたりを過ぎた辺りでお楽しみの機内食タイム!全日空の機内食は美味しいって評判ですからね。
メニューは「すき焼き重」と「パエリア」の二種類。若乃花の別れた嫁さん(美恵子さんだっけ?)によく似たCAさんが、
「ごめんなさい、すき焼き重が残り少なくて・・・」、瞳をウルウルさせて聞いてきました。

むしろ、パエリアがいいですよ!」(`・ω・´)キリッ
男前に即答した本和堂氏。
すき焼き重おねがいしまーす!
躊躇なく答えたのは隣に座っていた師匠!さすがです。
f0358360_20323478.jpg
前の座席背面のテーブルを出して機内食を置くが・・・・せ、狭い。ドリンクが倒れないかすごく不安。
常にコーラのご機嫌を伺いながら、不自由な姿勢でなま温かいパエリアをいただく。
そして結論、
全日空では、サフランライスのケチャップ載せご飯をパエリアと呼ぶんですか?(怒)

師匠がスキヤキ重を美味しそうにモフモフ食べてる・・・
「パエリア凄く美味しかったから、帰りの便で試すといいよ」
本和堂さん、精一杯の復讐でした。

●本和堂氏を待つ謎の美女!?
日本で言えば伊丹空港みたいなスケール感の松山機場に到着。
(空港を機場と呼ぶあたり、台湾かぶれの影響です)
少し古めかしい感じがしますが、目の虹彩を撮影して本人認証を行う最新の入国審査システムがあるなど
さすがはハイテク先進国台湾でございました。
f0358360_20471479.jpg
ボーディングブリッジから空港内に入ってすぐの目立つ場所に台湾茶の大きな看板がある。
台湾での茶道(茶藝)なる文化があるそうで、ぜひ試してみたい。

空港ロビーに「歓迎!本和堂さま」と書かれた紙を持った台湾美人が待っていました。
「ヨウコソ台湾ヘ、サッソク行きましょか」
少し癖があるが、なかなか流暢な日本語だ。
彼女に案内され、表の黒塗りハイヤーに乗る。
「やはり台湾は暑いですねぇ」
日本人が10人居たら、8人は言いそうな言葉で台湾の旅はスタートしました。
f0358360_21150722.jpg
空港からすぐの高速に乗り、まずはランタン飛ばしで有名な十分に向かいます。
そういえば隣に座っている師匠、ここまでの展開が理解できないのか、ずっと無口で固まってる・・・・ま、事前に知らせていなかったので仕方ないのですが。
(次回に続く)




















[PR]
# by honwa-do | 2018-08-02 21:21 | 航空機 | Comments(0)