いつもご贔屓ありがとうございます。「何でも揃う!」がコンセプトの本和堂でございます。いろいろ楽しい写真を展示して参りますので、末永くお取引願います。


by 本和堂
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

霧の奥越探訪(福井県) ~その1~

f0358360_21530494.jpg
霧立ち込める山あいに立つ仁和寺の五重塔・・・
いや、実はこちらは福井県の勝山市なんです。
f0358360_21584915.jpg
田園風景の中で美しく壮大な姿を見せる姫路城・・・、
いや、実はこちらは福井県の勝山市なんです。
f0358360_22010914.jpg
山裾で堂々たる威容を誇る東大寺大仏殿・・・
でもここも福井県の勝山市なんです。しかも中には立派な大仏様が鎮座しておられます。
f0358360_22101823.jpg
因みに中の大仏様はこんな感じ。いつものウィキペディア様から画像を拝借しました。
f0358360_22115141.jpg
そして勝山市の凄いところは、仁和寺と姫路城と東大寺が一枚の写真に収まってしまうこと!
どこかの国のチンケな偽物とは違い、どれも大真面目に作られたものなので、迫力が違います。
そして特筆すべきは、これらを作った人が全部同じ人だということ・・・その人とは?


多田清(ただきよし)
大阪市のタクシー会社会社相互タクシーの一ドライバーから経営者へ、そして近畿最大のタクシーグループの経営者へと上り詰めた立志伝中の人物。
晩年は「社会に対する恩返し」という思いを強く持ち、昭和62年、父の故郷である福井県勝山市に自ら企画・設計した大仏や五重塔を建設。
更に平成4年、コンクリート製の模擬天守ではあるが日本一の高さを誇る勝山城博物館をオープンさせた。


多田さんの気持ちは崇高なものだったのですが、残念ながら大仏・五重塔は高額な拝観料が災いし入場者が伸びませんでした。宗教法人たる大仏殿(大仏)以外は競売に掛けられる事態となってしまい、これまで4回に渡る競売が行われ、いずれも落札は不調に終わっています。これだけの施設ですから、何か有効に活用してくれる落札者が現れる事を祈りたいと思います。


●意外と知られていない福井の凄いところ、ご存知でした?
 今回は人物にスポットライトを当てたような形になりましたが、偉大な経営者が全身全霊をかけて作ったこれらの施設は、
 例えコンクリート製ではあっても崇高な雰囲気を漂わせていました。
 高額と問題になった大仏殿の拝観料も劇的に値下げされており、ぜひ訪れていただきたい施設群だと思います。
 今回は写真が少なかったので★2つですかね  ★★☆☆☆(2点)

   ■励みになります!クリックお願いします!
               にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ
               にほんブログ村





















[PR]
by honwa-do | 2015-07-23 23:09 | 北陸 | Comments(0)