いつもご贔屓ありがとうございます。「何でも揃う!」がコンセプトの本和堂でございます。いろいろ楽しい写真を展示して参りますので、末永くお取引願います。


by 本和堂
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

本和堂、桜島に物申す!

f0358360_00485351.jpg
指宿温泉にて宿泊し、名物の「砂蒸し風呂」を堪能。
砂蒸し風呂の会場は受付のある建物から少々離れており、男性も女性も更衣室で全裸になって「裸の上から浴衣一枚」の無防備な姿で階段を上り下り、橋を渡って砂場に向かうという仕組み。浴衣の前をはだけて危ないヒトになるぬよう細心の注意を払いながら歩くのですが、案外、女性のほうは平気そう・・・
f0358360_00462365.jpg
指宿から鹿児島へ向かう列車の窓枠に火山灰・・・、うん、鹿児島だ!
f0358360_00580545.jpg
火山灰の原因はコイツのせい。時々、住民をいじめる悪い奴らしい。
f0358360_00592846.jpg
f0358360_00593832.jpg
桃太郎ではないのですが、文句を言いに桜島に向かいます。
f0358360_01005759.jpg
桜島側も当方の攻撃を察してか厳重警戒態勢の模様!?潜水艦が威嚇してきました。
f0358360_01031056.jpg
桜島到着。敵もどうやら事を穏便に済ませたいらしく、一応歓待の姿勢を見せています
f0358360_01041490.jpg
船の到着を待たずに、バスは出発してしまった。止む無くタクシーの運転手に火口近くまでの案内を頼むと「5000円は貰わないと」と法外な要求・・・。
そうか、こういう手で攻めてきたか。今回は軍資金が少なめなゆえ、仕方なく今回は一時退却することにしました。
f0358360_01100950.jpg
こちらの退却を確認するかのように、敵の護衛艦がついてきました。今度来るときは覚悟しておくように。
f0358360_01150478.jpg
埠頭から市内電車に乗り換えて天文館に向かいます。
f0358360_01155238.jpg
怪しい奴を発見!
夢邪鬼・・・・鬼なのか?ならば成敗せねば。
f0358360_01171967.jpg
スペシャルメニューの「九州焼き」を軽く退治。次、かかってきなさい!
f0358360_01184426.jpg
ボスキャラの「しろくまmini」(コーヒー味)登場!これでミニとは手強い敵でした。

●鹿児島県、なかなか手ごわい県ですね。食べ物は旨いし、景色はあっけらかんと開放的だし・・・、いろいろ宿題を残した訪問でした。
 本日、避難指示が出ていた桜島の住民の皆さんがご自宅に戻られたというニュースがありました。
 とりあえずは良かったですね。今度私が訪問した際には、よ~く注意しておきますので(笑)
 今回は何か楽しかったので★4つ!  ★★★★☆(4点)

   ■励みになります!クリックお願いします!
               にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ
               にほんブログ村














[PR]
Commented by goodroads at 2015-08-23 23:32
砂風呂の湯加減?は、砂の量ということになるのでしょうか・・・いつのタイミングで砂から出してくれ!!と声を掛けたらよいか~このあたりが「肝」のようですね!!
全身を温めてデトックスはしたいですが、低温火傷は避けたいですしね~

桜島の噴火の件は、早期鎮静化を望みます。私も九州南部は旅したいですから。住民の方々は台風15号の接近による一時的な配慮かもしれませんが、一応はホッとされていることでしょう。

九州焼きは、九州の形をした「お好み焼き」ですか?面白いですね。胃の弱い私にカキ氷は厳しい食べ物ですが、これだけの量は「鬼」ですねー

miniではなく通常の大きさは、想像を絶しますね
Commented by honwa-do at 2015-08-27 00:56
Tom師匠、いつもご指導ありがとうございます。
いろいろ記事に興味を持ってくださりありがたいです。
まずは砂風呂について補足です。
おばちゃんがスコップでかけてけれる砂の量はほぼ一定で、砂の量で熱さが変わるような事はありません。温度は炬燵の「強」に首まで浸かったような感じで、決して「熱い!」というものではありません。どちらかというと「もう少し熱い方が気持ちいいかな?」という感じなのですが、たちまち気持ちよくなってきます。普通の人は10分以内でギブアップとなるらしいのですが、私は20分くらいヌクヌクしていました。ただ、背中が真っ赤になりましたね。低温火傷の一歩手前みたいな感じでした。
続いて九州焼き、
これは本和堂オリジナルです。作成には高度な技術と確かな知識が必要となりますので、ご用命の際はお申し付け下さい。
そして元祖しろくま、
氷がとても軽く、見た目ほどのボリュームはありませんでした。次回はぜひ、フルサイズのしろくまを撃破したいと思っています。
by honwa-do | 2015-08-23 01:24 | 旅行 | Comments(2)