いつもご贔屓ありがとうございます。「何でも揃う!」がコンセプトの本和堂でございます。いろいろ楽しい写真を展示して参りますので、末永くお取引願います。


by 本和堂
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

名鉄乗り放題の旅 (3)

f0358360_21474053.jpg
f0358360_22004829.jpg
楽しみにしていた「アサクラスマートボール」を諦め、名鉄のホームに戻ります。
しかし、ホーム1本で毎時6本の電車の発着をこなさなければいけない名鉄さん、
いかにもシンドそう。
隣の飯田線ホームは仕方ないとしても、豊橋駅はまだまだスペースに余裕がありそうなのに。
f0358360_22103294.jpg
国府とかいて「こう」、ここで豊川線に乗り換えます。
名古屋本線と比較すれば明らかにローカル色の濃い豊川線ですが、1時間あたり4本の運転、
私が乗ったのは、はるばる一宮駅からやってきた堂々6両の急行で、乗客は30人程度という状況でした。
f0358360_22204515.jpg
f0358360_21474053.jpg
単線の豊川線をまばらな乗客とともに淡々と進みます。
意外にも途中で下りるお客さんが多く、終点豊川稲荷駅では僅か十数人あまりが、あっという間に駅前に散って行きました。
f0358360_22300298.jpg
f0358360_22284291.jpg
ローカルバスの車庫のような名鉄の駅に比べ、JRの豊川駅は立派な設えでした。
この辺りは明らかに豊橋の経済圏なので、JRの方が賑わっているようにも思えました。
f0358360_22341236.jpg
f0358360_22342862.jpg
駅前通りは当然のように豊川稲荷に向かっています。沿道のキツネさんの看板は稲荷寿司ではなく、なぜかウナギをPR
f0358360_22372029.jpg
f0358360_22365154.jpg
いよいよ豊川稲荷に入ります。「意外と普通だなぁ」とは正直な感想。
f0358360_22411825.jpg

f0358360_22421072.jpg

f0358360_22473191.jpg
立派な山門を抜け、灯籠の大きさに度肝を抜かれ、幾つかの鳥居の向こうに社殿が見えます。
f0358360_22485138.jpg
f0358360_22491069.jpg
社殿に参拝します。参道を見守るのは狛犬ならぬ狛キツネさまでした。
さっきのキツネの看板といい、「さすがはキツネさんを大事にしているなぁ」と感心していたのですが、これが甘かった。
次回は恐怖画像をお送り出来るかも・・・


●豊橋でのロスを取り返すべく、急遽豊川稲荷へ転進することにしました。
 僅かな乗車時間でしたが、やはり名鉄は支線が面白いですね。
 新幹線や名古屋本線沿いとは違う、三河地方の素の姿が楽しかったです。
 そして「恐怖映像」と予告した次回、その画像をしばらくパソコンの壁紙に
 していたのですが、謎の高熱が出たり咳が止まらなかったり・・・あ、風邪か?
 さて今回の自己採点、前回同様★3つとさせていただきましょうか
 徐々に盛り上がっていくといいですね
   ★★★☆☆(3点)


   ■励みになります!クリックお願いします!
               にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ
               にほんブログ村















[PR]
by honwa-do | 2015-10-28 22:56 | 旅行 | Comments(0)