いつもご贔屓ありがとうございます。「何でも揃う!」がコンセプトの本和堂でございます。いろいろ楽しい写真を展示して参りますので、末永くお取引願います。


by 本和堂
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

北海道新幹線開業記念「冬こそ北海道」(2)

f0358360_09083505.jpg
海峡線からの特急と顔を並べて函館駅到着。もちろん、来月には右側の海峡線の電車はもう居ないのですが・・・
地域間の小回りの効いた輸送を捨て、4時間先にある東京への輸送を志向する改革に踏み出した北海道新幹線、
この改革が函館をどう変えていくのか、注目していきたいと思います。
f0358360_09142807.jpg
3月末の函館では、写真のような天候は十分あり得る展開です。吹雪の中、取り敢えず湯の川行きの市内電車に乗ってみましょう。
f0358360_09174482.jpg
吹雪は更に強くなってきましたが、「駒場車庫前」という電停で下車し、電停からすぐの場所にある函館市内電車の駒場車庫に向かいます。車庫内の撮影には事前許可が必要なのですが、道路からも簡単に撮影できるのが嬉しいところです。
f0358360_09300649.jpg
f0358360_09302894.jpg
冬の名物「ササラ電車」でも居ないかな?と思いましたが、生憎車庫の奥の方に居たみたいで撮影不能。函館市内電車には「ハイカラ電車
f0358360_09350638.jpg
運が良ければこんな景色が見えるかも・・・です。
f0358360_09313321.jpg
このさきの湯の川温泉も気になるのですが、一旦五稜郭電停まで戻りましょう。
函館の宿泊の一押しは「ドーミーイン函館五稜郭」さん、街なかにある普通のビジネスホテルなのですがアクセスが良く宿泊料もお手頃、そしてこのホテル独自のサービスが素晴らしいのです。
ホテルから金森赤レンガ倉庫横に建つ「ラ・ピスタ函館ベイ」までタクシーで送り迎え(一人でも運行)してくれ、そこの最上階にある展望風呂に入ることが出来る!
というもの。タクシーの便は3~4本あるので、帰りのタクシーまでの間(2~3時間程度)に倉庫街の観光や、名店「きくよ食堂」での夕食が楽しめます。夜にはドーミーイン名物の夜泣きラーメンも提供され、満足度の高いホテルと思います。
【ドーミーイン函館五稜郭公式HP】
http://www.hotespa.net/hotels/goryoukaku/
f0358360_09594915.jpg
ラ・ピスタ函館大浴場から・・・、絶景です。
(画像は公式HPより)
f0358360_09573418.jpg
風呂から出ると、大粒の雪が降っていました。用意周到に厚手のコートを着てきたので、倉庫街に向かいます。
f0358360_09571411.jpg
f0358360_09565458.jpg
こんなに人が少ないというのは、逆にありがたいことでした。寒さに耐えながらウロウロ
f0358360_10063622.jpg
f0358360_10071392.jpg
f0358360_00002445.jpg
地図も持たずにウロウロ、なにやら「アナ雪」っぽい教会が見えてきました。
f0358360_00012181.jpg
三脚を持って行かなかったのでぶれぶれですが、さすがは「絵になる街、函館」ですね。

(パート3に続く)

   ■励みになります!クリックお願いします!
               にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ
               にほんブログ村









[PR]
by honwa-do | 2016-02-28 00:03 | 旅行 | Comments(0)