いつもご贔屓ありがとうございます。「何でも揃う!」がコンセプトの本和堂でございます。いろいろ楽しい写真を展示して参りますので、末永くお取引願います。


by 本和堂
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

百万石の味がする良い醤油 ~金沢市大野港~

「技術の伝承」「ものづくり」に重きを置く街、北陸金沢。
この街に素敵なお醤油屋さんがあるのでご紹介します。
f0358360_01144697.jpg
f0358360_01150243.jpg
金沢駅から北西方向、市内から最も近い港町が金沢市大野地区。
忘れ去られたような古い町並みと細い道・・・、
でも、この街は古くから「醤油の街」としても知られています。
f0358360_01173320.jpg
f0358360_01180258.jpg
昔ながらの細い行き止まりの道が多い大野地区にあってやけに広い道路が一本、
どうやらこちらが大野地区の目抜き通りのようです。そしてベンガラの壁に
立派な”うだつ”の上がる商家・・・
f0358360_01210699.jpg
f0358360_01211711.jpg
f0358360_01540348.jpg
実はこのお店、北陸でも三指に数えられる名店「宝生寿し」さんです。
こういう名店があるということは、名店を育む町衆が居るということ・・・
今は寂れた感じの大野地区ですが、往時の繁栄ぶりが伺われます。
f0358360_02075680.jpg
f0358360_02081493.jpg
f0358360_02084161.jpg
この通りに面し、窓のない倉庫風の建物、ここが今回紹介する直源醤油さんです。
一般家庭のような狭い玄関の引き戸を開けると・・・
f0358360_02111296.jpg
f0358360_02113071.jpg
f0358360_02115955.jpg
天井の明かり取りの窓から僅かな日光が差し込むだけの空間、こちらは
かつての醤油蔵を改造した直源醤油さんの直営店になっています。
f0358360_02155291.jpg
ワインボトルのようにお洒落に飾られた醤油、
もろみの香りが強く「減塩クソ食らえ」という感じで力一杯
振り切った、いわゆる「昔ながらの醤油」でございます。
f0358360_02195742.jpg
こちらのお醤油、すべてテイスティングが可能だったりします。
比べてみると、「真面目なお醤油」というのは相当に辛く、
頑固な味であることが分かります。化学調味料や色んな添加物に
慣らされてしまった私の舌には、少々キツ目の味でした。
f0358360_02230319.jpg
f0358360_02231695.jpg
ファンシーな瓶がズラリ。これ全てがドレッシングで、勿論テイスティング
可能。これはどれも美味しくて、私もここ数年通っていたりします。
f0358360_02251901.jpg
イチオシは「赤ずいきのドレッシング」、生野菜やほうれん草のお浸しにも
絶妙に合います。お値段は少々高めですが、間違いない味です。
f0358360_02325385.jpg
ドレッシングには色々な季節商品がありまして、今回は
・赤ずいき
・源助だいこん
・加賀金時草
・うめ糀
の4本を購入。会社の同僚たちとシェアして食べたら、
ランチタイムは充実しそう。
f0358360_03001665.jpg
こちらのマグカップは会社で愛用。さり気なくお洒落です。
f0358360_02371176.jpg
f0358360_02383266.jpg
そして今回、特別に倉庫の隣りにある旧居宅部分に飾られている
雛飾りを見せてもらえることになりました。
お店との境には重厚な扉。倉庫だった頃の名残です。
f0358360_02394393.jpg
神棚の下に飾られた6段飾りのお雛様・・・
f0358360_02411153.jpg
f0358360_02412327.jpg
f0358360_02484025.jpg
人形はもちろん、お道具の装飾の細かさが凄い!
漆に彫金の細工までしちゃっています。
f0358360_02513504.jpg
(直源醤油公式HPより)

●直源醤油(なおげんしょうゆ)ショールーム
 石川県金沢市大野4-16
 TEL076(268)1300
 定休日:毎週水曜日
 北陸鉄道バス大野線 大野中央バス停そば


   ■励みになります!クリックお願いします!
               にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ
               にほんブログ村




















[PR]
by honwa-do | 2016-03-15 01:07 | 北陸 | Comments(0)