いつもご贔屓ありがとうございます。「何でも揃う!」がコンセプトの本和堂でございます。いろいろ楽しい写真を展示して参りますので、末永くお取引願います。


by 本和堂
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

とにかく島根に行ってきた訳で(2)

f0358360_05564722.jpg
【画像】小さな浴衣を着た湯上がりの本和堂氏

サンライズ出雲のシャワー室で「しっとり柏餅」となった頃、夜汽車は小田原駅を通過していました。
この辺りから外の灯火はめっきり寂しくなり、交響曲「夜汽車」の第2楽章~孤独と望郷~へとシーンを変えていきます。
f0358360_06032357.jpg
ベッドに横になり、寝酒代わりに一昨年前に亡くなった種村直樹氏の名レポ「気まぐれ列車~南西諸島渡り鳥~」のページをめくる。晩年は読者層との「センスのズレ」というジャーナリストとしては致命的な問題を抱え、それ故寂しい晩年を過ごさざるを得なかった氏の生涯。天邪鬼な私にどこか似ているようで好きな作家だったのですが、久しぶりに頁をめくると今は共感できる部分が随分増えたように思う。道義や効率といったものでは理解できない行動、人間としての本能に近い部分で共感が出来るようになったというのは、私もそれなりの年齢をとったということなのだろうか・・・夜汽車に乗ると、こういう時間が訪れたりする。
f0358360_06394840.jpg
f0358360_06532653.jpg
朝6時、通路をゆく人の気配に目が覚める。あと30分で岡山駅というところだ。
岡山県では桜の時期は3週間近く前に終わっている筈だが、山間の家には未だ花をつけた桜が見える。
f0358360_06540996.jpg
f0358360_06542919.jpg
6時30分頃、岡山駅に到着。この駅では我が「サンライズ出雲」は、前の方に連結していた相棒「サンライズ瀬戸」を切り離します。
両方の列車の連結部分には、大人も子供もマニアもオバチャンも・・・・とにかく沢山の人がカメラを構えて切り離しの様子を撮影しています。
f0358360_06584230.jpg
f0358360_06593524.jpg
連結の開放作業は僅か1~2分で作業はあっけなく終了。そして一足早く「サンライズ瀬戸」は高松駅に向けて旅立って行きました。
f0358360_07061641.jpg
そして朝ごはん。「サンライズ出雲」では車内販売が無く、出発前に朝ごはんの心配までしなければいけないのですが、これを知らない乗客は「車内販売は?」と車掌に聞いています。私は昨夜、東京駅グランスタで購入した「柿の葉寿司」(3割引)をいただきました。すっかり乾燥していましたが、それなりに美味しくいただきました。
f0358360_07154303.jpg
f0358360_07162850.jpg
弁当を食べると倉敷駅。ホームの下がナマコ壁模様だ!
倉敷からは伯備線という単線のローカル線で中国山地を越えていきます。高梁川に寄り添うように山間に入っていくみたいです。
・・・・そして朝寝!?・・・
f0358360_07233511.jpg
再び目が覚めると、列車は鳥取県の米子駅に到着していました。夜行列車の場合、どうしても「寝不足にならんかなぁ?」という心配が付き纏いますが、サンライズが出雲市に到着するのは9時50分。「朝寝坊に自信あり!」これが、サンライズ出雲の隠れたウリだったりします。
f0358360_07344225.jpg
f0358360_07350117.jpg
f0358360_07361237.jpg
あと10分で終点出雲市駅・・・、部屋を片付け荷物をまとめます。
熟睡も出来たし、快適な道中でした。
f0358360_07374560.jpg
f0358360_07381570.jpg
ご当地ゆるきゃら「しまねっこ」に迎えられ終点出雲市駅に到着。
f0358360_07463511.jpg
f0358360_07443693.jpg
駅からは徒歩10分ほどの距離にあるレンタカー屋さんに向かいます。駅前すぐ近くに「土の道路」の遊歩道が整備されていて何だか嬉しい。土の道路は疲れにくいし、道端の植物にも優しい・・・こういう道が増えるといいですね。
f0358360_07512973.jpg
f0358360_07535799.jpg
レンタカー屋さんでは「一番安いクルマ」をお願いしていましたが、少し古い型のカローラを貸し出してくれました。これで3日間、島根県内を走り回りたいと思います。
旅のお供は「瀬戸内レモン(ミルク風味)」。決して「レモン牛乳」ではないので、栃木県の皆さんは怒らないように。
(つづく)


   ■励みになります!クリックお願いします!
               にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ
               にほんブログ村









[PR]
Commented by leaves at 2016-04-29 16:44 x
冒頭の画像!
まいりました!ご自身で描かれたのでしょうか…

私もサンライズ出雲、乗りたくなりました。島根行きの予算の少なさを嘆いておりましたがどーんといかないと、ですね
Commented by honwa-do at 2016-04-30 07:57
> leavesさん
わはは、お恥ずかしいです。
寝不足の朝4時頃、フリー素材をつかって2分で作成しました。
”柏餅感”、出てますでしょうか(笑
サンライズはやはり、東京駅から乗って欲しいですね。
この列車の奏でるシンフォニーは全4楽章、すべてを楽しんで欲しいですから。
Commented by goodroads at 2016-04-30 19:52
冒頭の画像、カリモクの家具ではなく・・
『刮目』に値するといって過言ではないでしょう!!

瀬戸内レモンは、あの「はちみつレモン」騒動に発展しなければイイですが・・・

私としては、中国地方は大山乳業が販売する「白バラコーヒー」も推薦します。
Commented by takusachihiro2 at 2016-05-01 23:30
鉄道にはあまり興味はないんですが、こんなところで寝てみたい。眠ってみたい。熟睡してみたい。爽快な明日があるような気がします。
Commented by honwa-do at 2016-05-02 13:04
Tom師匠、いつもありがとうございます。
イラスト誉めていただき、喜んでいいのかなぁ・・・?

「白薔薇コーヒー」は今や、全国区なので、その気になれば手に入るような気もしますが、ミルク感のあるミルクの旨いコーヒーは、コーヒーと違った飲み物として美味しいですよね。(日本語大丈夫か?)
Commented by honwa-do at 2016-05-02 13:06
Takuさん、鉄道に興味の無い方から「乗ってみたくなった」というレスポンスは凄く嬉しいです。
ゆっくり旅をしてみたいものですねぇ
by honwa-do | 2016-04-29 07:55 | 旅行 | Comments(6)