いつもご贔屓ありがとうございます。「何でも揃う!」がコンセプトの本和堂でございます。いろいろ楽しい写真を展示して参りますので、末永くお取引願います。


by 本和堂
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

【暴言】あの有名蕎麦店は美味くなかった訳で(9)

f0358360_02494418.jpg
松江から少しばかり西(出雲市方向)に戻ったところに宍道駅というところがあります。鉄道が好きな人には「木次線の分岐駅」ということで知られる、結構有名な駅だったりしますが、この木次線、「そのうち廃止になりそうな路線ベスト10」に間違いなく入る程のローカル線だったりもします。

この木次線には「奥出雲おろち号」という素敵な列車が走っておりまして、これに乗り、とある有名な蕎麦屋を訪れようというのが本日の目的です。因みに「奥出雲おろち号」が発車するのは、このローカル線のさらに奥にある木次駅というところ。「サンライズ出雲」が到着する宍道駅のホームにでも列車を据え付ければ、観光客はもっと乗車が見込めそうな気もするのですが、「隠されたら隠されたで気になる」という心理のまま、山道を木次駅に向かいます。
f0358360_03451364.jpg
f0358360_03455729.jpg
f0358360_03454566.jpg
山道を30分くらい走って木次駅に到着。ここでも「しまねっこ」「吉田くん」がセットでお出迎えしてくれました。
f0358360_03583958.jpg
f0358360_03591113.jpg
木次駅の待合室にはお揃いの座布団が敷かれていました。山間の小駅がこの列車に賭ける熱い思いが伝わってきます。
f0358360_04005344.jpg
f0358360_04011077.jpg
駅の外れにある車庫の中から、お目当ての「奥出雲おろち号」がゆっくり入線してきました。客車も列車も鮮やかな青と白に塗り分けられています。因みにこのディーゼル機関車、本来の目的は冬場の除雪用に配備されているものなのですが、仕事が暇になるグリーンシーズンにはこの列車の牽引をする由・・・なかなかの名案ですね。


【URL】https://www.youtube.com/watch?v=HLGX1vQIkHg
(動画では「奥出雲おろち号」の入線シーンがお楽しみいただけます)
f0358360_04083282.jpg
f0358360_04090032.jpg
早速列車に乗り込みます。客車に乗るのも随分久しぶりな気がします。
奥出雲おろち号、先頭車はオープンエアのトロッコ客車で次がエアコン装備の快適なロマンスシートの車両・・・天候や気温でどちらも選べる贅沢仕様となっています。
f0358360_04062849.jpg
f0358360_04070744.jpg
この列車には、ちょっと派手目の衣装を纏った車掌さんと、ボランティアガイドさんが乗っています。このガイドさんは沿線の観光案内のほか、鉄道ファン向けの鉄な豆知識を教えてくれたりと中々の活躍をされます。
f0358360_04164478.jpg
f0358360_04232112.jpg


【URL】https://www.youtube.com/watch?v=d3rjdC0kuQc
(動画では、ボランティアガイドによるヤマタノオロチ伝説を聴くことが出来ます)
f0358360_04241165.jpg
f0358360_04253483.jpg
オープンエアの客車から奥出雲の風を肌に感じる。ヤマモモの花や田舎道、何でもない景色がとても愛おしい・・・
木次線最長となる下久野トンネルでは、「2200mもの距離を真っ直ぐな掘り進めたため、トンネルに入ってからすぐに出口の灯りが見えます」と鉄道ファンも納得のガイド。
f0358360_04340797.jpg
f0358360_04360935.jpg
このまま終点まで乗っていたいのですが、この後まわりたい所も沢山有るので、仕方なく途中駅で下車しました。

【URL】https://www.youtube.com/watch?v=IPtGo_r-ZEk
(動画では出雲八代駅を出発する様子がご覧になれます)
f0358360_06070128.jpg
反対方向の列車に乗って、来た道を引き返します。列車本数が極めて少ない木次線では、鉄道だけで線内を巡るのはとても難しいのです。
f0358360_06093044.jpg
f0358360_06102401.jpg
f0358360_06105877.jpg
木次駅まで列車で戻り、今後は車で県道を走り松本清張の名作「砂の器」で有名な亀嵩駅に向かいます。
f0358360_06181861.jpg
私にとって亀嵩駅は「砂の器」ではなく、「旨い蕎麦を食わせてくれそうな駅」という認識。数々の雑誌や旅行記でこの駅の蕎麦についてのレポートを読んでいる内、この駅の蕎麦の旨さはもはや脳内で神格化され、一度訪れてみたいと思っていた駅でした。(出札窓口の右側が蕎麦屋店内)
f0358360_06255565.jpg
蕎麦のメニューの中に「乗車券」の記載が・・・中々洒落が効いてるお店のようですね。
f0358360_06271713.jpg
f0358360_06275417.jpg
このお店では大盛りとなる「出雲蕎麦」(4段)を注文。木次線で来る乗客は少ないのですが、車で駆けつけるお客さんで店内は満員。そして念願の「頂きます!」

そして念願の実食!
ん? (ぼそぼそ)
う~~ん? (香りが)
はぁ・・・ (出汁がぁ)

スイマセン、暴言承知で申し上げますが、この味は違う気がする・・・
蕎麦は作りおきなのかコシも香りも感じられないし、ツユもコクが全然足りない気がする。
これ以上は申し上げませんが、私にとっては残念な訪問になってしまいました。

   ■励みになります!クリックお願いします!
               にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ
               にほんブログ村


















[PR]
Commented by leaves at 2016-05-22 10:58 x
まあまあ・・・

でもこのようなうれしくない思い出ほど、後まで懐かしく記憶に残りますね。

私も長野県伊那市のローメンには…(以下、略)
Commented by honwa-do at 2016-05-23 16:38
いやいや、愚痴と暴言失礼しました。
なにせ、期待があまりにも大き過ぎたのも原因だったのでしょうね。
ところで伊那市のローメン・・・
奇遇ですね~私も酷い目にあった経験があります。私の場合は「ローメン饅」だったのですが、苦い油と硬くなった具材にすっかりやられてしまった記憶があります。
あ!また暴言を吐いてしまいましたorz
Commented by takusachihiro2 at 2016-05-25 01:23
小生も出雲そばはあまり美味しいとは思いませんでした。
出石そばのほうが断然好きです。
Commented by honwa-do at 2016-05-26 07:18
> takusachihiro2さん
出石のそば・・・
それは私も興味ありますね。
以前出石の辺りを車で通ってのですが、生憎深夜だったのでお蕎麦を食べることが出来なかったところだったりします。
私個人としては福井の越前そばや戸隠神社側の蕎麦が美味しかった記憶がありますね。
by honwa-do | 2016-05-22 03:48 | グルメ | Comments(4)