いつもご贔屓ありがとうございます。「何でも揃う!」がコンセプトの本和堂でございます。いろいろ楽しい写真を展示して参りますので、末永くお取引願います。


by 本和堂
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

本和堂的「北の大地満喫の旅」⑥

●人気のない木道の向こうに見える黒い影・・・親父さん?
f0358360_06310201.jpg
知床五湖の地上遊歩道を歩く時に注意すべきこと、

「一人で行動しない」・・・・×

確かフィールドハウスでそんな事いってたっけ。
木道の先に立ち止まっている黒い影に近づく・・・
よく見ると背中に光沢があるのがわかる。毛皮なのか自前なのか?
f0358360_00173555.jpg
f0358360_00363073.jpg
f0358360_00372242.jpg
まぁ今は笑えますけど、フィールドハウスで「注意して下さい」と散々脅された人間には、十分に怖い体験でございました。因みに立ち止まっていたお爺さん、このルートが少々ハードだったようで、戻るか先に進むか思案中だったようです。この方も後ろから物音が近付いてくるので少し怖かったとのこと。それでも「あんたの後ろからゆっくりついていくわぃ」と前に進むことに決められたようです。

●ここから本番の知床
f0358360_00512315.jpg
写真の一番下が知床五湖のフィールドハウス辺り。
しかし実は「本当の知床」はまだまだ奥深く広がっているのが分かります。
そもそも今は秋鮭が遡上している季節、クマも好き好んでこんな食べ物の少ないところには来ないですわね。
f0358360_00575451.jpg
f0358360_01143677.jpg
1ヶ月前に来襲した台風の影響は知床の原生林も深く傷つけていました。
風景が全体的に砂っぽい感じがしますし、何より倒木が多い事に驚きます。もちろん自然環境の中で淘汰・再生が行われていく過程のひとコマなのでしょうが、やはり見ているのには辛いものがありました。
f0358360_01053906.jpg
f0358360_01063699.jpg
倒木や切り株に苔がつき、再生へのステップを歩んでいきます。こうなると違和感のない「森の景色」に見えてくるから不思議なものです。
f0358360_01180170.jpg
知床五湖の「五湖」、いきなりの倒木が場壊しなんですが「景観のために撤去」は出来ません。
でもこの惨状が5年後にどんな景色に変わっていくのか、それは楽しみでもあります。
f0358360_01220788.jpg
水の中に倒木の切り株の跡が見えます。
長い年月を経て、味わい深い景観に変わっています。
f0358360_01253881.jpg
熊笹とブナの原生林が創る心落ち着く景色。
カメラの師匠曰く「絞りが全然足りてない」とのことですが、何年かあとに撮れればいいと思っています。
今はこの写真が「私の知床」なので・・・(続く)

■励みになります!クリックで応援お願いします!
               にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ
               にほんブログ村
















[PR]
by honwa-do | 2016-11-10 01:31 | 絶景 | Comments(0)