いつもご贔屓ありがとうございます。「何でも揃う!」がコンセプトの本和堂でございます。いろいろ楽しい写真を展示して参りますので、末永くお取引願います。


by 本和堂
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

本和堂的「北の大地満喫の旅」(終)

前回から2週間も空いてしまいました.......
身体の具合が悪い訳でもないのですが、少し仕事が忙しくて怠け心が顔を出してしまいました。反省

という訳で、妙に長編となってしまいました北海道満喫の旅もいよいよ今回をもって完結させたいと、序文を書いている段階では思っております。

鶴居村で鶴を撮影し、カメラのWi-Fi機能で撮ったばかりの画像をタブレットに落としてタンチョウの画像を確認。
   ↓
全くピントがきていない写真ばかりであった事が判明
   ↓
激しく落ち込みながら釧路に向かう

という感じで話は続いてまいります。
f0358360_17375356.jpg
f0358360_17434463.jpg
f0358360_17453896.jpg
f0358360_17464854.jpg
鶴居村からの帰り道、釧路湿原の展望ポイントである塘路駅方面に足を伸ばしました。
ダートの道をしばらく走り、細岡展望台というところに到着。
確かに湿原っぽい雰囲気ではあるのですが、写真的にはサッパリ。
ここはカヤックに乗るなりして自然の懐に飛び込んでいかないと、何も得られない場所であると勝手に納得しました。
f0358360_17450723.jpg
f0358360_17493832.jpg
細岡展望台の近くには小洒落たビジターセンターがありました。
赤々と炎が見えるクラシックな薪ストーブが嬉しく、こちらでしばしコーヒー休憩。
この後は釧路に行って宿泊。翌日は帰路に就くだけの予定なので、しみじみと今回の旅路を振り返ります。やはり炎には、人の心を解きほぐす「何か」があるような気がしますね。
f0358360_18060917.jpg
釧路市のホテルに向かうべく、釧路湿原の中を貫く国道を走ります。釧路川も釧路市街に近くなると、こんな川幅になります。
そして目の前の道路にカラスが群がってる・・・
交通量の多い国道なので、片側交互通行の如く対向車線を使って迂回すれば、そこにはキタキツネが轢ねられていました。

そしてその前には・・・
小狐の亡骸

親の亡骸から離れられなかったのでしょうか・・・辛い光景でした。
f0358360_19120632.jpg
釧路駅の隣、新富士駅近くにある釧路西港に夕日撮影のため寄り道。
釧路は夕日の綺麗な町とのこと。
これまで夕日には恵まれてこなかった北海道旅行でしたが、最後に綺麗な夕日を見せてくれました。
f0358360_19113523.jpg
今宵の宿泊先は奮発してANAクラウウンプラザホテルさん。
富山の巨大パチンコ店を彷彿とさせる派手めの外観に少々違和感・・・
あ、中は素晴らしかったですから・・・(何をフォローしてるんだろ)
f0358360_19274907.jpg
そして最後の夜の打ち上げを、釧路フィッシャーマンズワーフ横の岸壁にある「岸壁炉ばた」で。
あ!その前にフィッシャーマンズワーフでお土産買わなきゃ・・・
f0358360_19300312.jpg
フィッシャーマンズワーフには、なんと製造元の廃業で消滅した筈の釧路銘菓「猫のたまご」が売られていました。売っていたおねーさんの話では、少し前に別の資本により復活した由。これは目出度いと迷わず大量購入。
f0358360_19350847.jpg
f0358360_19355526.jpg
更に「毛ガニUFOキャッチャー」なるものがありましたよ。1回300円と高価ですが、相手はガタイの良い一匹一万円以上はしそうな大物。UFOキャッチャーにはかなりの自信を持っている本和堂さん、迷わずチャレンジすることに・・・炉ばたで焼いてやろうwktk

<結果は動画でご覧下さい>
https://www.youtube.com/watch?v=o0A-G1gYZdU
f0358360_19412304.jpg
それでは炉端焼を楽しみましょうか・・・
f0358360_19420669.jpg
サンマにつぶ貝にイカにホタテにタラバガニに椎茸、レンコン、ジャガイモ・・・
どれも安くて驚くほど旨い!
f0358360_19444767.jpg
こちらでは魚屋さんの店頭から直接具材を購入して自分の席にある炭火で焼いて食べるような感じ。
塩コショウで味付けしてあるだけだと思うのですが、どれも素材の旨味が物凄い。
地味に椎茸が美味くて、3本もお代わりしちゃいました。
f0358360_19475273.jpg
逆にそれほど美味しくなかったのは焼きタラバガニ。旬を逃しているのかもしれませんが、私はズワイガニが性に合ってるみたいです。
f0358360_19491074.jpg
滅茶苦茶食べても4000円でお釣りがきました。なんてパラダイス♥


・・・・最終回の筈なのですが、ここでページが一杯になっちゃいました。
次回は「続・最終回」として本当に終わらせますのでご容赦下さいませ。
(明日、頑張って公開しますね)


■励みになります!クリックで応援お願いします!
              にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ
               にほんブログ村















[PR]
Commented by 宿はなし at 2016-12-23 23:01 x
こんばんは。
ご無沙汰しております。

北海道にはアホみたく…何度も訪問している僕ですが…毎度、辺境の駅めぐりばかりで(笑)
北海道を本当に楽しめているのかなと…思っていたりします。

こういう海鮮を食べるのが北海道の醍醐味なのにと…次の旅の参考になりました。
Commented by honwa-do at 2016-12-24 12:08
> 宿はなしさん
長いこと放置していたブログを見ていただいて本当に有難うございます。

私の少ない経験の中で北海道で美味かったもの・・・

・函館「きくよ食堂」のウニ丼
・函館「ハセガワストア」の焼き鳥弁当
・札幌界隈「みよしの」の焼き餃子
・千歳空港にある「札幌シーフーズ」の立ち食い寿司
・苫小牧「なか善」のお刺身
・止別駅「停車場」のチャーシュー麺(塩)
・釧路「岸壁炉ばた」の炉端焼き

まだ他にもあったかもしれませんが、どれもリピートしたくなる感動の旨さでした。

とはいえ、吹雪の社台駅でトワイライトの通過を待っていた時の充実感も北海道では忘れられない時間でしたし、天塩川沿いの道端でスーパー宗谷を待った時間も辛かったけど記憶に深く残っています。

旅のカタチや楽しみ方は人それぞれですし、宿はなしさんの精力的に動き回れるバイタリティは羨ましく思います。私のような「ジジィ鉄」的な楽しみ方は、もっと年齢を経てからでもいいかもしれません。来年はお互いにもっと、楽しい旅が出来たら良いですね。
by honwa-do | 2016-12-23 19:51 | 旅行 | Comments(2)