いつもご贔屓ありがとうございます。「何でも揃う!」がコンセプトの本和堂でございます。いろいろ楽しい写真を展示して参りますので、末永くお取引願います。


by 本和堂
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

【警告】滝を車で登ってはいけません!

歯が痛いのです・・・
歯医者に行って治療したのですが、それから2週間痛みが取れません。
歯医者に文句を言いに行くと、「これ飲むと、痛くなくなるからね」と言われ、一日3錠の痛み止めで凌ぐ毎日・・・、でも異常に眠くなるのは春のせいなのか薬のせいなのか?来週からはシャキッとしないといけません。あ、ブログの更新も忘れずにやらないと・・・シオシオ

某日、我が家から10分で行ける手軽な撮影ポイント常願寺川でのこと、
f0358360_02285359.jpg
太陽が今日の勤めを終え、暮れなずむ常願寺川橋梁の写真などを撮影しておりましたら、
f0358360_02315500.jpg
「バリバリバリ!」、勢いよく砂利を跳ね上げながら常願寺川の河川敷を疾走するランドクルーザーが目に入りました。
最近のRVブームにより、河川敷に乗り入れてくる車は少なからず居るのですが、この車が居る場所は川の中州(写真では分かりづらいですが
、ここは相当な覚悟と技術が無ければ車は入れない場所です。何十回も来ている私でも、ここを走っている車は初めて目撃しました。
「面倒な奴が居るなぁ・・・、どこかの若い☓☓☓かなぁ」と思っておりましたら、
f0358360_02563106.jpg
f0358360_02570280.jpg
f0358360_03042100.jpg
構わず撮影を続けておりましたら、ファインダー内に人が写り込んでいるのが目に入りました。
60代前半くらいでしょうか、洒落たロングブーツの男性。
よく見ると外国人の方のようで、手にはワイヤーを持ち、地鉄の鉄橋にワイヤーを巻き付けているようです。
どうやらランクルの運転手はこの男性のようです。
彼の名前は仮に「オランダ人のレーケさん」と呼ぶことにしましょう。
f0358360_03080093.jpg
f0358360_03091983.jpg
ワイヤーを辿っていくと、タイヤが見事に埋まったランクルが見えました。
辛うじてマフラーの水没は免れたようで、エンジンは動いている様子・・・・
こんな状態でも流石は経験を積んだオフローダーのレーケさん、車のバンパー上に付けた電動ウインチで車の脱出を図っているようでした。
「ウィーーーーン」、勇ましい音をたてながらレーケさん自慢のウインチが動き始めました。
f0358360_03203061.jpg
f0358360_03210069.jpg
そして程なくストップ。
見れば、車の前方部分がどんどん砂利の中に引き込まれていってるようです。
同乗していた黄色いジャケットの女性、最初は「もう腕白なんだから」と優しく見守っていたのでしょうが、徐々に苛ついてきているのがファインダー越しに伝わってきます・・・
f0358360_03343147.jpg
f0358360_03380346.jpg
女性が苛つくのも仕方ないのです。
レーケさんのランクルがスタックした場所は川の中州、JAFを呼んでも来てくれませんし、レッカー車を頼もうにも河川敷からは100mは離れてしまっている場所。「これはもう、自衛隊に頼まなきゃアカンやろうなぁ」、隣で撮影して居られた男性が憐れみを込めて呟いておられました。
f0358360_03460608.jpg
日本の治水の恩人として知られるヨハニス・デ・レーケさん、
彼が富山の常願寺川をみて「これは川ではなく滝だ!」(諸説あり)と言ったエピソードは有名ですが、急流ゆえ、この川の砂利は角が粗い(磨かれていない)と、流域で採石場を経営しておられた方が話しておられました。砂利の角が粗いと自動車の重量で砂利の角が削れ、車が沈んでしまうことがある由・・・、外国人のレーケさんには分からなかったのでしょうか。いずれにせよ、「どこでも車で入っていける妄想」を持った無法オフローダーには良い薬になったと思います。
f0358360_04022660.jpg
陽はすっかり暮れ、夜の帳が車を包んでいます。
これ以上水量が増せば、車はどうなってしまうのでしょうか・・・
そしてレーケさん、女性にどれくらい怒られるのでしょうか・・・
立山からの雪解け水が注ぐ3月の常願寺川、水は冷たいことでしょうね。

■励みになります!クリックで応援お願いします!
              にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ
               にほんブログ村












[PR]
Commented by r_kanako at 2017-03-20 21:41
こんにちは。

まあ、ダムの突堤を車で登る人が居ますからw
Commented by デレデレデレ-ケ at 2017-03-21 01:00 x
外人さんも鉄ヲタの写真を撮る行為も、その根本になんら違いはなく・・・

彼らが口にする鉄道用地の有無以前に、必ず土地には地権者や管理者がいる訳で、その許可もしくはお目こぼし(実質不法侵入)により、なんとか成立しているに過ぎないことをよく頭に叩き込んでもらいたいとは思う。

特にこの外人さんの行動には、河川事務所の許可云々とは別に、特に腑に落ちない点が3つあり
①彼(彼女)の目的はなんだったのか?
②川の中州からどう岸へいったのか?
③車はどうなったのか?

常願寺川治水工事は、自治体レベルではなく国交省の長年の継続事業。でもって現在でも僅かの降雨で川は増水するので・・・時限性に余裕ある場所でもなく、個人的には身体の安全と車の行方が非常に気になるところです。

警察の御厄介は確実でしょうが、ヘタを打てば、河口のホタルイカの漁業組合からも賠償を求められる可能性もあるかもですね。

大人は良識ある行動を心がけたいものです。
Commented by honwa-do at 2017-03-22 20:21
> r_kanakoさん
こんばんは~
ま、登っているのか吊り下げられているのか・・・キャメルトロフィーじゃないんで、もっと穏やかに自然と付き合っていければいいと思うのですが。常願寺川は「堤防進入容認」とも思われるほど、管理が甘いのです。ガチガチに管理されないように、上手に今の感じを維持してほしいと思っておりますです。

Commented by honwa-do at 2017-03-22 20:35
> デレデレデレ-ケさん
なんとなく知ってる方の匂いがしますが、一応「はじめまして」でございます。

「堤防より内側は河川を管理するための場所で、侵入者は管理者の”お目溢し”で犯罪者にならなくて済んでいる関係」、これはおっしゃる通りだと思います。特に常願寺川では堤防内で「プチ・オフローダー体験」をする輩や、管理道路から地鉄の電車を撮影してる滋賀県のスーパーみたいな名前のブロガーが居たりしますが、「お目溢し」の度量はかなり大きい場所だと思います。
今回の一件、恐らくは警察出動になり然るべき対応で車は救助されたのではと思いますが、管理強化につながるような事にはならないで欲しいと強く願っています。
by honwa-do | 2017-03-20 04:06 | 交通 | Comments(4)